テーマ:中国

中国破たんリポートの存在

韓国市場では買い越されていますが、円高・株安に嬉々とするものたちの一角を占めるのが誰だか本当に分かりやすい。株高では幻想だと不安を煽り、株安となるとそれ見たことかと大騒ぎするというワンパターンですが、世界の構造が変化しているのであって次元が違うことを、当人たちは分かっているでしょうが踊らされている人たちには見えていないでしょう。既に円安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲政史上野党最大の暴挙

川口参院環境委員長が解任されてしまいました。川口氏は自身のHPで今回の経緯について説明していますが、それに書かれているように希少な中国共産党政府の要人との会談の機会と、参院委員会に代理の委員長を立てることとを比べてどちらが国益に適うかは論を待たないのですが、気が狂ったのか野党はそろって解任を要求。当然ながら賛成多数で可決という、日本の外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中共を選んだ韓国の抱えるリスク

忙しくって時間が取れず更新が疎かになっている今日この頃、この状況はまだ暫く続くかもしれません。と言っても愚かにも引っかかってしまった罠からは脱してはいるので、それが原因じゃありません…って、まさか久しぶりにソリティア病に罹るとは…。 北朝鮮がミサイル撤去の動きを見せた云々というタイミングと合わせて行われた米韓首脳会談では、韓国の日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の首を回すのは中共

GWを迎えインフルエンザの日本上陸が非常に懸念される状況となりました。既に台湾に上陸を果たしており、且つ中国国内での感染が公表された省の拡大によって、表向きの数字でも封じ込めに失敗したこと、そして感染拡大は国外にも及ぶことが示されてしまいました。危機を煽るつもりはありませんが、個人的な防衛策も取るべきかもしれません。あくまで個人的にはそ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中韓と日本との楔

他国の国防長官にポケットに手を突っ込みながら握手される韓国大統領、なめられまくってます。あり得ない非礼を受ける自覚はあるのでしょうか、この国に。外交的非礼はこうした態度のみに非ず、韓国の行為の方がこの数倍も劣悪と言えるでしょう。慰安婦像は言うに及ばず、日本の国会議員の訪韓における冷遇など枚挙に暇はありません。 自分の行う非礼は比例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東アジアの頭痛の種

自身の支援が不要という中共政府。それもそうでしょう、外国支援を受けた云々以前に四川省には重要施設があり外国人が立ち入ってあちこち嗅ぎまわされては以ての外。東日本大震災で彼らがやったことと同じことを日本含め外国支援部隊がやるであろうという考えが根底にあるだろうし、そうであるからこそ旧日本軍の所業を自らの行為を擦り付けて三光作戦などと言えた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

再び四川大地震

米韓原子力協定の改定交渉が行われているようですが、韓国側が求める使用済み核燃料再処理とウラン濃縮が朝鮮戦争未終結を理由に認められませんでした。日本の原子力産業を叩きつつそのポジションを狙ったものの、そんなうまい具合に話は進む筈も無い。一方で日本は核技術における国際的な権利の容認を自ら進んで放棄することになる反原発を、分かっていながらやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東に日上る国、西に日沈む国

中々気分が乗ってこずに時間ばかりが過ぎてしまう今日この頃、非常に拙いと思いつつもキーがなかなか叩けません。おまけに先日飲んだ後の体調が最悪で、、、とは言い訳にしかなりませんけど。いや本当に如何したものか。 北朝鮮の恫喝に対して米韓の軟化の具合が、北の瀬戸際外交に勝利をもたらすような雰囲気を醸し出しています。今後の極東においても北朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団派の統制が強まる中共

シャープを追いつめた犯人の一人である、太陽光パネルメーカーのサンテック・パワーがデフォルトになりました。ハッキリ言って自業自得です。Qセルズは既に潰されましたが、中国が市場を破壊しまくった挙句、自らが破壊した市場での生存が不可能になり死亡するとは愚かとしか言いようがありません。市場とは生かしてもらう場であり、収奪の限りを尽くす場ではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党主流派の意図

少し気になるこの記事。いくつかある中国共産党系機関紙の中の一つである「学習時報」、これは中央党学校の機関紙ということですが、これがFT紙に「将来、核兵器で中国を脅すかもしれない。北朝鮮を切り捨てるべきだ」寄稿したようです。 「(緩衝地帯としての北朝鮮の存在は)時代遅れだ。中国は遅かれ早かれ失敗に直面する政権となぜ関係を維持しなけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争一歩手前の挑発行為

中国のフリーゲート船(ジャンウェイ2)が30日に自衛隊艦船(ゆうだち)に対して”射撃レーダー照射”という重大な事実の公表をしたというのに、なんと扱いの低いことか。緊急記者会見の模様はNHKで報じられましたが、これはブレーキングニュースであるべきなのに。防衛大臣が「大変異常なこと」と表現しているが、その表情が伝えるように下手をすれば”戦争…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

EU当局主導のアンチダンピング調査

休み中もあまり時間が取れなくて殆どPCの前に座ることが出来ませんでした。総選挙も目前に控える中、まるで増税が焦点のように報道されてますが、なんですかね。偏向たっぷりの報道に容易にだまされるのか否か、所詮日本人も何ら成長しておらず、衆愚政治にどっぷり嵌っていることを証明することになるんでしょうか、それとも意識の変革を見せつけることをが出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

没落する中国太陽光パネル企業

市場破壊者の中国が潰した太陽光パネルビジネスは、欧州炭素ビジネスの失敗と経済縮小の影響を受けて瀕死の状態にあるようです。数年前日本やドイツが主導していた地位を中国企業がとってかわったものの、自分で自分の首を絞めるというのは自業自得としか言いようがありません。市場とは自らが生きていくための土壌であるにも関わらず、イナゴのように食い散らして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日中で対照的な政権の行方

日中に漂う将来性について、なんだか対照的に思えるのは自分だけでしょうか。党大会が終了して胡錦濤が完全引退し、習近平体制が発足しますが、その顔触れは確かに軍事と政治局は団派が抑えているとはいえ、そして周らと一定の距離を取ったとされるとはいえ、太子党と上海閥という汚職の象徴のような人物がずらりと顔を並べた、新たな集団指導体制「チャイナセブン…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

数字が語る中国の潮目

猛烈に眠いので、何とか20分くらいで少しだけでも書こうと思います。とりあえずふと思ったことからですが、株式について。新株発行のやり方では株の希薄化が起きる場合がありますが、通貨の希薄化も似たようなものだし、企業価値に裏付けされた株式がその企業の信用に裏付けられるのに対して、通貨はゴールドで裏打ちされなければならない必要性ってあるんですか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レアアース利権に苦しむ団派・習

「政治家を志すっちゅうのは、権力欲、名誉欲の最高峰だよ。その後に、国民のため、お国のためがついてくる。自分の権力欲、名誉欲を達成する手段として、嫌々国民のため、お国のために奉仕しなければならないわけよ。....別に政治家を志す動機付けが権力欲、名誉欲でもいいじゃないか!....ウソをつけないヤツは政治家と弁護士になれないよ!嘘つきは政治…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

温攻撃にみる熱き戦い

温家宝の不正蓄財がNYタイムズによりこのタイミングで報じられたのが、18大会及び薄の件と無関係な筈はありません。リベラルスタンスと言われ”ノリミツ・オオニシ”のいるNYTのこと。先日は反日コラムニストのニコラス・クリストフが尖閣諸島に関して中国側に立つコラムを掲載したことや、”尖閣諸島を「中国のもの」とする意見広告”が出されたことでも話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

固まる中共人事と江派の凋落

下地郵政民営化担当大臣の政治資金規正法違反と口利きの件が殆ど表に出ず、代わりに日本郵政株を3年内を目途に上場を目指す件にかき消されているのは、やはり欧米金融機関の圧力によるものなのではないかと邪推したくなるほどです。かれらにとって郵貯かんぽ株式は逃避資産として魅力的だろう。その上資金の用途に口出しできるのだから、救済資金にしかねない。ま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

対日影響力を失うレアアース

中国がレアアース価格暴落で大騒ぎとなっています。その遠因には尖閣事件があるのだから、供給量を絞った上に政治的リスクをも持ち込んだのだから、客観的に見れば自爆以外の何物でもありません。価格上昇は開発における中共自らのアドバンテージを消し去った。世界経済がバブル期にあったときであれば有効だった手段も、時期を逸すると下策となる。90%以上を賄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五四運動に学ぶ

始めに、KDDIがSprint買収を一年も前から持ちかけられ、これを断っていたことが明らかになってしまいましたねぇ。良かったですね、KDDIは。後はHuaweiなどを採用して日本国民を失望させないことが大事ですよ。 日貨排斥をする中国、その期限は五四運動とされます。排日運動の期限が1919年という、対華21カ条にあるというのは、そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カナダの苦悩

ちょっとトラブって時間が取れなくなってしまいました。なので簡単にHuaweiの件の継続で。WSJではHuaweiを育てたのがIBMであるという指摘がされていました。戦える企業に成長させた育ての親であり、90年代から支援しているのだから、IBMの中国好きは筋金入り。LenovoへのPC売却では米国政府による厳しい制約が付けられたようですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国から排除されるHuawei/ZTE

こうなることの予想を4年前ほどにした時に、「Huaweiは民間企業だ!」とか「何言ってんだ!」と嘲笑されたことを思い出します。今となっては思い出と化してますが、ね。。。 約11カ月にわたる米下院の情報特別委員会(HPSCI)の調査結果が漸く報告されました。これによりHuawei及びZTEは米国市場から排除されることになります。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

切り離しでチャイナリスク回避

米国の親中派が大統領選挙のためか、或いは国際情勢のトレンド上避けられないからか、それは其々の立場によるのでしょうが、共にチャイナと深い関わり合いを持つクリントン国務長官とキッシンジャーとでの違いは興味深い。トレンドは確実に対中包囲に動いているのであり、立場を修正したクリントンを変節とは呼ぶべきではないと思う。米国のドル安容認・雇用確保・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャナダバブルとチャイナマネー

最近のドコモが特亜化してるのにウンザリしておりまして、キャリア変えようかと思っている今日この頃。凄く疲れて疲労困憊ですので、今日は軽めで。。。 最近中国ネタばかりで中々軌道修正出来ないのですが、兎に角中国に関しては重要な上に歴史的見識の誤りが余りにも多く(とまり、毛沢東史観の汚染)、こうした問題の根っこを追いかけると「何だ、元凶は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中共変革の生贄となる上海閥

まず冒頭にはこちら、石原都知事の朝日へのコメントから。 ------------------------------------------------------------- 7日に行われた、石原都知事の記者会見より。 尖閣・竹島の話題で朝日新聞女性記者の質問に答えた後の発言。 石原都知事  「時にさ、あなたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

窮鼠が猫を噛もうと大暴れ

楊潔篪外相の国連演説は、中国を貶めたことでしょう。国選総会の場で繰り広げられた前代未聞の恥ずべき行為は、中国という国の未成熟度と共に、未だに国際社会の場での立ち振る舞いの仕方を心得ない、不作法且つ無礼で危険な国であるという烙印を押す以外の何物でもない。酷過ぎるこの振る舞いに、支援国すらモラルを疑われかねずに手を引かせるほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習を全面屈服させるために

まず最初に、やはり理研の功績を上げない訳にはいきません。発見は平成16年と8年も前になる113番目の元素について、確実な証明を行ったことで新元素認定される見込みです。元素名は「ジャポニウム」となる可能性が高いとのことです。 理研発見の新元素113番「証明確実」 元素名「ジャポニウム」有力 2012.9.27 00:41 (1/2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

18大会を前にしての大混乱

望月教授、凄いですね!これが本当であれば物凄い大騒ぎにきっとなると思うんですが、反日デモのせいとはきっと関係なく、扱いは小さいのでしょう。どうやら欧米のメディアは「驚異的な偉業になるだろう」と興奮しているそうですが、そんな空気は日本にはありません。 難問「ABC予想」解明か 望月京大教授 話題沸騰 2012.9.19 00:41…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国圧力釜

TPP対RCEPという構図があるようで、これは先日行われた記者クラブでの自民党総裁選公開討論で石原が触れたような記憶があるのですが(曖昧)、『ASEANはこのほど自由貿易圏をめぐるパートナー国のオーストラリア、中国、インド、日本、韓国、シンガポールとともに、今年11月にこれらの国をカバーする東アジア地域の包括的経済連携(RCEP)の交渉…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ミイラ取りがミイラに

反日デモを扇動しているのが私腹警察であるという記事が大紀元で書かれてますが、警察を牛耳るのが周永康であり18大会での法政委の常務外しの流れを考えれば、至極当たり前の動きだと思います。司法・警察支配権をはく奪されるとなれば、それを利用しての反日デモ位仕掛けるでしょう。それよりも、こうした武装警察と反日デモ隊との茶番劇が、権力闘争に閉じた茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more