テーマ:北朝鮮

ぬか喜び

北朝鮮の緊張が少し変化を見せています。飯島内閣官房参与の訪朝以降、その傾向が強まってきたように感じます。矛先の変化と全面的な軍事衝突の可能性の低下は、一定の緊張のみを当面維持させることになるのだろうか。戦争自体も、日米も念頭に入れたものにするか、韓国のみを相手にするかで全く規模も異なってくるでしょうし。恐らく飯島訪朝ではナンバー2との会…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

韓国経済崩壊の序曲

アノニマスが公表した北朝鮮工作員リストにNHK関係者がいた件。折角の安倍バッシングの狼煙にケチがついてしまいましたねぇ。これが騒ぎにならないことが、日本の抱える問題の根の深さを物語っています。 http://pastebin.com/C91UxMSW そのうちの一つがNHK職員の中にいる誰かなんじゃないかと囁かれていますが……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見限られて当然の韓国

安倍政権バッシングはそろそろ始まろうとしている昨今、それは選挙無効判決を利用した政権正当性への疑問という形で繰り広げられるのかもしれませんが、そんな最中にこうしたバカげた工作をしている事態では(もともとそんな暇はありませんが)なくなります。彼らが守ろうとしている半島が日本に表立て被害を与えかねない状況なのだから。 北朝鮮が強硬姿勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

窮鼠が噛むもの

恫喝外交が更に国を疲弊させ、その交渉への可能性の限界を迎えたと見極めた頃には、生き残りをかけた最後の選択をすることになる北朝鮮。この国の存在価値と存続の可能性が、韓国の中国への冊封と米が受け入れられない独裁体制、そして緩衝地帯としての意義低下によって、まさに風前の灯。もし南朝鮮や日本国内における在日朝鮮人の所業が、日本の寛容を超えること…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党主流派の意図

少し気になるこの記事。いくつかある中国共産党系機関紙の中の一つである「学習時報」、これは中央党学校の機関紙ということですが、これがFT紙に「将来、核兵器で中国を脅すかもしれない。北朝鮮を切り捨てるべきだ」寄稿したようです。 「(緩衝地帯としての北朝鮮の存在は)時代遅れだ。中国は遅かれ早かれ失敗に直面する政権となぜ関係を維持しなけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争一歩手前の挑発行為

中国のフリーゲート船(ジャンウェイ2)が30日に自衛隊艦船(ゆうだち)に対して”射撃レーダー照射”という重大な事実の公表をしたというのに、なんと扱いの低いことか。緊急記者会見の模様はNHKで報じられましたが、これはブレーキングニュースであるべきなのに。防衛大臣が「大変異常なこと」と表現しているが、その表情が伝えるように下手をすれば”戦争…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

94年とは異なる状況が導く解

1994年、クリントン政権下の米国は北朝鮮の空爆に動いていました。北朝鮮は3月にIAEA査察で一部を拒否、6月には黒鉛型実験炉から燃料棒抜き取り作業を実施し、これを受けて米は核施設の空爆を計画。しかし「米の核施設空爆には、38度線からの砲撃でソウルを火の海とすることで報復する」と北朝鮮が恫喝したことで韓国は、ソウル市民の大規模な非難を実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界中が北朝鮮に注目するとき

昨年大飢饉に見舞われたことがアジアプレスで報じられました。黄海道における悲劇は飽食の時代に対する警告でもありますが、それ以上に金正日死去に伴う金正恩体制強化の裏側で起きていた実態はあまりにも酷く、外貨獲得と経済制裁・体制維持との天秤の結果齎されるものは一体なんなのでしょうか。恐らく今年も非常に厳しい年を迎えているであろうことは容易に想像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国インテリジェンスの敗北

7時に首相が官邸入りしていたことからも、不意打ち的な発射でありながら政府関係者は動向を把握していたことになる今回のミサイル発射の件、滑稽なのは韓国だろう。何度も繰り返してロケット発射に失敗している南朝鮮をしり目に、経済的困窮にありながら成功させてしまった北の成果に、指を咥えて地団駄踏んでいる。同時にミサイル発射という脅威が大統領選挙にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮を支える中露とイラン

日本では田中防衛大臣に前田国交大臣への問責決議案が可決されながらも辞任が拒否され、メディアも大してバッシングしないという異常事態が発生していますが、国土を護る力量の著しい欠如と公職選挙法違反という重大な問題を抱える内閣の元で高まる半島の緊張に、一体日本はまともに対応することが出来るのでしょうか。 田中防衛大臣問責決議案 http…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

半島有事と中共

権力闘争真っ最中の中国で起きた、重慶事件以降進む胡錦濤国家主席への権力集中が、上海派との確執の結末をどういった形で迎えるのか興味深い中、不安定な隣国北朝鮮により加速する対中包囲網に苛立っていると考えられる。北朝鮮問題が口実か否かに関わらず、結果的にそうなっているという事実は、如何に軍が江沢民から胡錦濤へと忠誠相手を変えようとも抗うことは…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

北の核実験がもたらすもの

イラン核問題に関する6カ国協議は14日に再開。その最中に起きたスペイン・ドイツへの原油供給停止デマ。今回の協議は決裂回避の可能性が期待されているようですが、果してどういう結果となるだろうか。 原油供給停止の報道否定 イラン石油相 2012.4.19 20:09 http://sankei.jp.msn.com/world…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミサイル発射は失敗なのか?

昨日発射された北朝鮮ミサイル。金日成生誕100周年の前日かと予想していましたが、それより1日早い13日の朝に打ち上げられ、そして失敗したと報じられた。同時に防衛省の発表やJ-アラートなど政府の不手際も露呈。日本政府に飛翔体扱いされたミサイル打ち上げは、結局何をもたらしたのだろう。 2009年に打ち上げたテポドン2号の改良型と見られ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ミサイル発射は権力闘争のクライマックス

北朝鮮のミサイルに燃料がじき注入される模様。完了までに2~3日程度かかるというから、明日始まれば12か13には完了することに。注入後はなるべく早めに発射する必要があるから、天候等の影響による前後はあれどもターゲットは13~14日。15日の金日成生誕100周年前を計画しているというから、やはり明日が注入開始なのだろう。 強引な金正恩…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「第二次アチソンライン」

全く昨日は参りました…ブログ更新直前のPCフリーズ。失意のまま床に入り向えた今日、もう一度同じ文を書き起こすのかと思うと気が重くなりますが、一応やってみます。正直手の進みがかなり鈍いですが…。 PC3…ではなくPAC3の沖縄配備が完了し、北朝鮮の弾道ミサイル発射に対する備えが進みつつあります。12~16日の間に予定される発射に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

有事に一歩ずつ近づく半島

本題では無いのですが、JBPressが「消費税増税には断固反対、Shame on you!」と声をあげてますが、その記事の中に在る朝日新聞の主張には呆れかえります。先日のブログでも述べた様に、そして元々から消費税を恒久財源とする社会保障改革である筈が、朝日新聞の手にかかると何故か財政赤字補填にすり変わる。 『新聞協会は自分たちだけ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

余りに不安定な北朝鮮体制

金正恩に在日の血が混じっていることが大問題となっている北朝鮮後継問題。金正日の寵愛を受けたコ・ヨンヒは在日帰国者であることは公の事実で朝鮮総連もこのことを誇りにしていたとか。しかしながら神格化・偶像化の邪魔となるために、その事実を知る朝鮮総連を危険視し始めた。正に梯子を外された格好となっているが、元々在日朝鮮人は祖国に対する反逆者であり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

的を得ている『日本なんて溶けてなくなる』

3周年記念の休息というタイミングで起きてしまった金正日総書記の死去報道のお陰で、余り気持ち的に安まった感じがしません。年の瀬も迫っているので休息第二弾でも取ろうかと考えてたりしています。 丁度旅先で何度か耳がおかしくなりましたが、嫌なもんですね。NZでM5.8の地震だそうです。東日本大震災直前にも発生しているNZ地震、日本に連鎖し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満州開発が否定する韓国の存在

「満州復興プロジェクト」と以前勝手に命名した中国東北部の「長吉図開発(「長吉図(長春-吉林-図們江)開放先導区」)」ですが(当面、名称は「長吉図開発」で統一させておこうかな)、これが国務院によって国家プロジェクトに格上げされたのが2009年11月のこと。発端を遡れば1992年が始まりとなるようですが、冷戦終結後の極東再設計の流れにあると…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの新たな植民地

今日も何とか乗り越えて・・・とりあえず明日を頑張れば。。。というわけで今日も簡単になると思いますが、よろしくお願いします。 北朝鮮は金体制によるロシア属国化が進んでいるように見えますね。110億ドルの債務を全額免除すると。借金帳消しということは一体何を意味するか。詳細の意味がちょっとよくわかりませんが(債務のうち10億ドル分は露朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虎の威を借る韓国

ドイツがギリシャデフォルトに向けた準備を進めていますが、閣僚によるギリシャ破綻の可能性の示唆は、その時がもう目の前であることを予感させます。幾多の延命処置を繰り返しての、ついに極ったかといった感じでしょうか。ユーロ救済もドイツのため。自国経済のためにユーロを利用することは最早困難で、支援もドイツ金融のためであるのだから、ユーロの中核をな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総連本部問題も菅直人が

何だか今日は眠くて仕方がありません。うだうだしてたらあっという間に今日も終わろうとしてしまい、ブログのネタもさっぱり纏まる気配を見せません。なので備忘録的なものになりそうです。 先ず、朝鮮総連中央本部の件。総連本部といえば元公安の緒方に所有権が名義変更されたことで大騒ぎとなったことが記憶にありますが、朝鮮系信用組合の融資先が総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・マードック帝国崩壊と波及

CNNで英国公聴会が開かれていたのを偶々目にしました。これだけの大事件にも拘らず、日本のメディアを通していると本当に世界のことが伝わってきませんね。盗聴と聞くと真っ先に思い浮かぶウォーターゲート事件ですが、NoWの盗聴行為が事件の被害者のみならず、議員など政界にも及んでいないと思う方が不自然です。今回の事件の行方次第では、本当に第二のウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世論は常に間違える

連休中ですのでなかなか筆も進みません。疲れも溜まってマッサージでも受けたい気分ですね。夏バテではないけれど、チョコレートを齧ってみても脳が一向に回転しません。漸くキーを叩き始めてここまで書くのにも一苦労です。なので本日は軽めで。 脱原発方針を打ち出した菅直人の妄言に対して、少しずつ正しい認識が広まりつつあることは嬉しい限りですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金王朝を支持しない胡主席

日本を産油国に。藻のスペシャリストである渡辺の挑戦は、オーランチオキトリウムで作った石油3%を用いた燃料でトラクターを動かした。その後、藻が作る石油100%での燃焼実験に成功した。本当にすごいことです。そして「夢の扉+」という番組は、TBSで数少ない素晴らしい番組の一つであり、間違いなくドコモの株を上げる番組です。 今までより効率…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在日献金事件がブレイクスルーになりますように

先日木村太郎がK-POPの裏側についてゲロしたばかりですが、株主及び重要顧客への背任行為は無視できないのか、早速謝罪した外国人株式保有率が約25%で放送法違反執行猶予状態のフジテレビ。番組内で絶賛コリアン賞賛し、「全世代でキムチ鍋が第一位」とねつ造もお手の物なのも、背に腹は代えられないからか。フジテレビのコリアン化が著しいことは目に余る…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

散々な正恩誕生日

今日はハリーポッターを見に行ったので、ちょっと時間がありませんので簡単に。正恩誕生日の今日、どういう動きがあるかなと気になってましたが、何だか弱腰なようです。「無条件対話」の公式提案などは、表向き韓国側、明博の態度を非難しつつも、実際には平和裏な現状打開に躍起なんでしょう。少なくとも金王朝サイドとしては。 「無条件で早期に開催する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐ金正恩の誕生日

小沢さんと菅さんの新年会対決は小沢さんに軍配が上がったそうで。ダブルスコアで勝利とのことですが、それよりも小沢さんの参加者の数も大幅に減少し半減したとか。結局のところ、先の総選挙で小沢マネーを受け取ったメンバーが洗い出された格好なんじゃないですかね。 「陸山会は衆院解散時の7月21日を中心に公示直前の8月17日までに立候補予定者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リチャードソンは食わせ者

『相場を押し上げたのは金融市場のカネ余りと欧州を襲った大寒波』な状況は、原油バブル再開にうってつけの状況なのかもしれません。一昔前の原油価格上昇は”爆食中国をはじめとするBRICによるもの”だったのに、ゴールドマンが言わないと真っ当な見解になるんですかね。 欧州の寒波と投機マネーのどちらがウェイトが重いのかは、少なくとも現在の価格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人民解放軍の北朝鮮への進駐の可能性

韓国の口蹄疫が危険な状況になってきています。本当に、『口蹄疫の日本への輸出』が起きないことを願うばかりです…赤松-山田元農水の悪夢が繰り返されないことを。山田は”後何回か起きる”ようなことも洩らしていたのも思いだされますが。 韓国、口蹄疫感染が急拡大 勢い止まらず「非常事態」 2010.12.22 19:57 http://sa…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more