テーマ:歴史

五四運動に学ぶ

始めに、KDDIがSprint買収を一年も前から持ちかけられ、これを断っていたことが明らかになってしまいましたねぇ。良かったですね、KDDIは。後はHuaweiなどを採用して日本国民を失望させないことが大事ですよ。 日貨排斥をする中国、その期限は五四運動とされます。排日運動の期限が1919年という、対華21カ条にあるというのは、そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

過激発言の州判事だが…

『町村信孝元官房長官も7日に党本部で会見し、「様々な体験を今こそ生かしていくことが私に与えられた役割だ」と立候補を正式に表明。ほかに石破茂前政調会長や安倍晋三元首相、石原伸晃幹事長が立候補する意向で、林芳正政調会長代理も意欲を示している。候補乱立の様相で、谷垣氏の再選は厳しい見通しだ』 と、赤い朝日新聞は言っています。基本的に総裁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

張作霖を廻る壮大な謀略

TBSのひるおびで起きた酷い偏向報道により不当な批判を浴びた自民党・谷垣総裁。それほど鬱陶しい存在なんでしょうが、こうした繰り返される偏向は、こうしたメディアとは基本的に偏向し、メディアが持つ意思に沿った報道をするものだと、そしてそれは報道に限らず、彼らの垂れ流す情報全てにおいてそうなのであるということを、情報の受け手側が常識として持つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッカーサー曰く”李承晩は残酷で野蛮”

サムスンの売上は2000億ドルで韓国GDPの20%、韓国株式市場時価総額及び輸出の凡そ1/4を占め、国富の1/3に迫る正に韓国を代表する企業です。サムスンの未来は韓国経済の未来そのものと言え、それゆえアップルとの特許紛争が韓国経済の行く末を占う意味で重要。 株主はサムスンに限らず、韓国の主要企業の殆どが外国人によって占められ、売り…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

伝統政策・反日

100年の歴史を持つ支那大陸の反日。その扇動者は時代と共に変遷を遂げつつも現在に至るまで続く、ある意味の伝統でもある。大日本帝国が支那大陸に足を踏み入れた折から、欧米への羨望と劣等感に対する中華圏における日本への侮蔑という基本スタンスにより宿命づけられた、と言っていいのか悪いのか。排日侮日は支那大陸を廻る欧米列強、特に米国と日本との満州…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ロシア千歳一遇の好機

韓国政権内の意思疎通がうまくいってないのか、今度は天皇陛下への謝罪要求を韓国の外交通商部如きが口にしだしましたが、このために先の「日本側に誤解があり、十分に説明する用意がある」という韓国政府高官の釈明は何処かに吹き飛んでしまいました。エンペラーとしてエリザベス女王やローマ法王より高位に位置する、日本の国体そのものでもある陛下への謝罪言及…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日と言う日韓離反の走狗

嫌いを公言してますが、それでも幾つかの面において正しい見解を述べている、某田某夫氏(バレバレ)。その彼の寄稿が今回JBpressに掲載されていますが、題して『朝日新聞が日韓関係を破壊した』。この一件を無駄に対韓感情論で片付けることなく、うまく国内の本質的問題に向けるあたり、流石と感心します。嫌いですけど。この記事はどうもあちこちで引用さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナチスが忌み嫌った理由

UBSがFBのIPOで280億円損失を出したとか、JPモルガンが自己勘定取引で20億ドルの損失を出したとか。あれだけ救済を受けながら巨大銀行の道徳感の無さが引き起こす横暴の果ての始末は、次の危機では絶対に救わせるなと国民に思わせるに十分かもしれませんけど、結果はそうはならないんでしょう。大きすぎて潰せないなら国有化すればいいのですが、そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大不況が歴史を取り戻す

今日は指を怪我してしまいましたので簡単に済ませると思います。内容もなんとなく纏まりのない物になる予感がしながら書き始めています。とりあえずミャンマーの件から。これも対中包囲網ですね。クリントン国務長官が半世紀以上ぶりとなる訪問を果した意味が如何に重いかは容易に想像がつくと思います。一応共産主義者アウンサン将軍の娘でイギリス帰りのスー・チ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

真実和解委員会ねぇ…

本当かなぁ。今のこときに自殺する必要ってあるんだろうか。妹も2001年に自殺とは。パーレビ元イラン国王の息子の利用価値が無くなったのだろうか、米国とイランとの対立は解消していないのに…兄弟そろって自殺なんて不自然極まりない。 パーレビ元国王の44歳息子が自殺 祖国の悲運嘆く 妹も01年に自殺 2011.1.5 12:31 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあさんとの戦争談

新年明けましておめでとうございます。本年が皆様にとって素晴らしい一年となることをお祈り申し上げます。そして自分にとっても成長出来る一年となることを願ってやみません。ブログを何時まで書き続けるかというのも一つのポイントとなるとも予想しています。 新年早々早朝ランニングなんてしてみたりして、元日のご来光を浴びながらの、心肺機能が低下し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極東共和国

極東共和国と言っても知っている人なぞ殆どいないのが普通なんじゃないんでしょうか。それどころか某鳩の”東アジア共同体”と似たようなものと勘違いされてしまう人もいるかも知れませんが、全く別物です。   <シベリア>              <世界> 1917以前 出兵要請          ロシア革命 1918   出兵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は「ミツバチ」でいいではないか

民主党代表選一色となった今日、ついに菅直人が新代表に選ばれました。獲得ポイントだけを見れば圧勝という形を取りながら、サポータ票を除くとほぼ互角という僅差での薄氷を踏む勝利となりました。これで今後が面白くなりそうです。自らの力を誇示した小沢一郎が「一兵卒」という言葉を使いました。勝利した菅直人陣営は”全員野球”という古臭い言葉で挙党一致体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦前・戦中における日本人の見た世界情勢

尖閣諸島問題で海上保安庁が漁船を捕獲し船長らを逮捕したことに、中国外務省が抗議を何度も行っています。この報じられ方だけではなく何時ものことですが、常に”外国側はこういっている”といったスタンスの記事やタイトルが多いです。勿論排日侮日が目的なんでしょうが、『これは日本がそとからどう思われているかを気にする民族だから』なんてのは、これもカモ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

一度は読みたい強制連行が無かった証拠

政治とカネの問題で鳩山・小沢が退いて菅直人が新首相に就任した。これを実現させた時から実は代表選を見据えて糸が引かれていたんじゃないかと思えてしまうほどの今回の代表選。こんなシナリオを本当に描いたとすれば、あまりに凄すぎる。 参院選と民主党代表選に向けて、謀るとすれば参院選挙前に鳩山内閣を瓦解させることで、同時に小沢一郎も道連れにす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田茂の朝鮮人の送還計画

民主党代表選一色な感のある日本のマスコミ報道ですが、未だに続くパキスタンの洪水やら黄海での軍事演習、メキシコ湾の事故など、もっと伝えるべきことがあるのに扱いは非常に小さい。民主党一色にする好機を逸すまい、といったところなのかも。何しろおかげで自民党どころか、他の政党も露出度が大きく低下しているので、民主党内での権力闘争は演出されても、野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「朝鮮人に対する一切の批判」禁止からの脱却

小沢一郎を追い詰めるかのように、菅直人陣営の動きは活発で迅速ですね。小沢一郎が代表だった当時における「組織対策費」23億円の使途が99%不明だったことを指摘した。このカネ、主に4議員に流れていて、そのシェアは実に98・9%。 <役職は当時のもの> ・山岡財務委員長 ・鉢呂吉雄選挙対策委員長 ・佐藤泰介財務委員長 ・輿石東参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スッポン(韓国)には雷が必要

は、歯が痛い…数年前に神経抜いた歯なのに何で痛いんだよー。。。噛むと痛いのでどうやら根っこの治療が甘かったことが原因と思うけど、何しろ今日は日曜日。行きつけの歯医者さんは定休日なんですよね。。。辛くてお粥しか食べれません。こりゃ明日は仕事どころじゃない。うー、、 こんな有様なのでブログお休みしようと思いましたが、普通にしていると痛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三国人に歴史を書き換える資格はない

8月15日のサイバー攻撃で何も起きなかったのは、サーバー容量を10倍にしていたからだそうな。半分残念ではあるものの、アタッカーの発信源は特定できているだろうから、もし攻撃に参加していた人がいたならば非常に危険じゃなかろうか。3月1日にサイバーテロ認定された上で再度アタックするわけだから、テロ攻撃を仕掛けたと見られても仕方があるまい。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

池上…真意は何処にある?

いや、気が付くと10年物の日本国債の金利が1%を下回ってしまいました。ついこないだまで1.4%だったのに…国債は日本国内償還率が95%程度なので、日本国内の需要が支配的。それでもそれだけだろうかと思うのは、中国が日本国債を購入しているという記事が記憶にあったから。 1~4月の買越額が5410億円というのが日経に紹介されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党を支えるものたち

偶々見たニコ動に日教組に関するものがありました。これには衝撃的な映像があり正直ドン引きだったのですが、その映像を教員免許を持っている人に見せたら、『どっかで見たことあるな』とボソッとつぶやきました…。 その映像には日教組の進める性教育で、先生が生徒たちに実演する場面が流されていました。その映像はトイレの仕方だとされていましたが、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓮舫を筆頭に不祥事連発

以前「霞が関(の官僚)なんて成績が良かっただけで大バカだ」発言をしたカンガンス。一体この人の何処が首相に相応しいのかさっぱり分かりませんが、なってしまった以上仕方ない。ただ官僚もこう言われたのだから、言うこと聞かないだろうな。学生運動上がりでベ平連の極左に、プライドの高い官僚が素直に従う筈がない。しかし首相になった祝電代わりにこの発言が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北清事変で輝いた「日の丸」「君が代」

下記は本当でしょうか。煽るわけではありません。先ずは確認することが大事だと思ってます。輿石の『教育の政治的中立はあり得ない』発言が物議を呼びましたが(後に事実そのものを否定するアクロバットを披露)、連合に加盟する日教組の中の山教祖のドンとも言われるこの人物。少なからず国政に携わる資格がないことは間違いないでしょう。 -------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国に裏切られた辛亥革命

NHKのクローズアップ現代に温家宝首相がインタビューに応じていました。インタビューという名のプロパガンダに過ぎませんが、戦後教育に染まっている日本人には効果があるのかもしれないなぁ。最近では反中機運が固まっていることも作用しているだろうから、ソフトな中国を印象付けようとしているでしょう。比較的何処の国に対しても反感を持たない日本人が反中…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

繰り返されるお花畑

まさに世界が黄禍論ならぬ韓禍論となっていた時代は、朝鮮戦争終了に伴う朝鮮人への優遇終了によって解消。日本人以外にも世界中で望まれ喜ばしい限りだけど、その後の世界は一体どうなるのか。 日露戦争が終了し、大正時代に入った頃の日本は「小国主義」が起こったという。どうもこれを見ると、今の9条死守を唱える人たちと同じに見える。 東洋経…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「万世一系ノ天皇之ヲ治ラス」

火曜日に飲むもんじゃないですねー。しかも軽くの筈ががっつりいってしまい午前様。今日は前身だるくてどうにもなりませんでした。定時に帰ろうと思ったものの、結局帰れず…。ようやくだるさも取れつつありますが、本当にまいった。というわけでなかなか筆の進みが捗らないんですよね。 北の発言を受けて市場が激しく反応した様ですが、想定の範疇のことだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拡散:第三の談話の恐怖

ガソリン価格の高騰がニュースになってますけど、08年を思い返してもらいたいもんですよね。1バレル145ドルと急騰し、ゴールドマンが”200を目指す”と市場を煽っていた頃を。その後大暴落したのは記憶に新しい。勿論嘗てのような安値は期待できないものの、現在の価格はそれでもあの頃の半値。大体株式だって09年3月に底を打って以来上昇し続けたのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桂・タフト協定よりも桂・ハリマン協定が重要

フランクリン・ルーズベルト。この記事は非常に興味深かったのですが、ジェームス・ブラッドリー氏(おや、どうやら29日に国際文化会館で、31日には日本外国特派員協会で講演したそうで、来日してたんですね)という人物は「父親たちの星条旗」の原作者でもあり、第二次大戦での日米開戦の原点を探ったという「インペリアル・クルーズ」の著者。実際に読んでる…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

隋は鮮卑族系だよな

隋は鮮卑族系だよな 成美堂出版の『図解 世界史』が目に留まったので、少し前に買ってみました。その名の通り”図解”なので、全体を俯瞰したいと考えていた自分の希望にマッチしたわけです。この本で”なんとな~く”という歴史の全体像を掴めたかどうか、今のところはまだ結果が出ていませんけど。 一冊でわかるイラストでわかる図解世界史―地図…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more