テーマ:米国

普通に使ってる日銀の「衝撃と畏怖」

東田剛さんが随分と吠えていますが、果たしてそこまで吠える必要があるんでしょうか。CSIS(米戦略国際問題研究所)での会見で麻生副総理の口から出た言葉に噛みつき、 「こいつはくせえッー!ゲロ以下のにおいがプンプンするぜッーーーーッ!!」 「どの面さげて英霊の前に行ったんだ、行くな」 と、ご立腹どころか罵倒に相当する批…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ディッシュに狙われたソフトバンクのスプリント買収戦略

ディッシュがやってくれましたねぇ。米国の衛星放送会社ディッシュ・ネットワークがスプリント買収に名乗りを上げ、市場の話題をかっさらっていきました。会長のチャーリーアーゲン(Charlie Ergen)は「衛星から携帯へという自社事業の大転換を目指す」として買収先を模索していましたが、ついにスプリント級に手が出せるほどに資金調達してきたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下り坂を選んだ米国

米国が強制歳出削減を迎え、今後の米国をはじめとする国際経済が非常に危うくなってきています。850億ドルの歳出カットの規模がGDPに与える規模は、少ない成長率を大きく削り取ってしまうことになるのでしょう。そもそも将来の不確定要素が財布のひもを締めるのだから、全くケインズ政策の真逆である。 クルーグマン教授の言葉を借りれば「有害な影響…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

TPP交渉参加の期限

TPP交渉参加国の第16回会合が開かれていますが、先の日米首脳会談の影響がこの会合に表れているのでしょうか。そもそも”センシティブ”という表現自体は兎角この交渉上では珍しいものではないように、過去の会合の概要報告からは読み取れます。よって米国の自動車産業界がセンシティブであるということが、どれほど影響を与えるのか疑問を持っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FRB法に関する噂

朝鮮半島情勢が緊迫しているというのに奇妙なまでの静けさが漂うように感じているのは、自分だけでしょうか。対して見もしないものの、時折点けるニュース番組では偶然なのか取り上げられてないし、それよりもAKBの丸刈りの方がホットな話題となっている。 と言いつつ、今日取り上げるのは昨年末一部で話題だった(かもしれませんが)、FRB法の期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米デフォルトの先送りで無極化も先送り

手の甲を物置の取っ手にしこたま強打したため思うように右手が動きません。最悪です。なので軽めにしたいと思います。 先ほどニュースに目を通したら、共和党が過半数を占める米下院で債務上限引き上げ法案が通る見通しであるという記事がありました。規模は小さくこれもまた単なる先送りにすぎませんが、3か月の猶予は頂けたわけです。プラグマティックに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

問題先送りの米国

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。ブログの更新が本日になってしまい、大幅に本年の活動がずれ込んでしまいました。そして今日も明日が出社日というのもあって早めに就寝したいと思いつつ、何とかキーを叩いているという始末。なので凄く簡単にしたいと思います。 今年の経済状況を占うフィスカルクリフ問題、一様にメデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィスカルクリフを前にした予知

シャープのEGZOには期待しています。CEATECで見てきましたが、記憶では1/3程度の消費電力で微細化に成功した化合物半導体。経営は厳しいですが頑張って欲しいですね。日本がこの世界経済で生きていく、そして差別化していくのはコアテクノロジーで革新技術を抑えておくことですからね。 シャープ、スマホ向け最新液晶、天理でも生産へ 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五四運動に学ぶ

始めに、KDDIがSprint買収を一年も前から持ちかけられ、これを断っていたことが明らかになってしまいましたねぇ。良かったですね、KDDIは。後はHuaweiなどを採用して日本国民を失望させないことが大事ですよ。 日貨排斥をする中国、その期限は五四運動とされます。排日運動の期限が1919年という、対華21カ条にあるというのは、そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

資金調達に利用されるM&A

ソフトバンクが米スプリントを買収するとの発表に至り、明日の株価が興味深いところ。米国進出を豪語したところで暴落する自社株を容認しては、株主に対する背任行為じゃないんですかね。 9月19日に3,300円を付けた株価が、この買収発表を受けて2,268(最安値:2,200)円を付けた。3割が失われた訳です。内心孫正義も心穏やかで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ソフトバンクがスプリントを買収?

EUへのノーベル平和賞、皮肉ですかねぇ。こんな解体の危機の最中に。強い願望なのか吐かなく散る夢への足掻きなのか。。。まるで何かを暗示するかのようなタイミングです。 さて、ソフトバンクによる米スプリント買収のニュース、これには驚きと共に胡散臭さを直感的に感じました。皆さんはどうだったでしょうか。イー・アクセスならいざ知らず、しかも自…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

米国から排除されるHuawei/ZTE

こうなることの予想を4年前ほどにした時に、「Huaweiは民間企業だ!」とか「何言ってんだ!」と嘲笑されたことを思い出します。今となっては思い出と化してますが、ね。。。 約11カ月にわたる米下院の情報特別委員会(HPSCI)の調査結果が漸く報告されました。これによりHuawei及びZTEは米国市場から排除されることになります。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米で進行する韓国切り離し

始めに、「韓国は今年中に70兆円を日本に返済する必要あり、返済期限迫る」などという話題が飛び交っているようですが、普通に考えると俄には信じ難いんですけども、さて他の皆さんはどう思われたでしょうか。何でも”67兆5800億円が1982年に完済済み”なものが滞っているとか何とか。この額は今の日本のGDPでも13%程度なのに、82年当時で30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPhone5を廻る周辺

iPhone5が品薄だというのにFoxconn工場暴動というのも、アップルは相当頭にきている一方で、サムスンは高笑いしている姿が目に浮かびます。iPhoneの部品調達先から大幅に排除され、主要サプライヤとしては心臓部のA6プロセッサを残すのみ。北米工場への投資により歩留まり向上だけではなく供給能力そのものも強化させる一方で、今後の関係見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リショアリング」への転換

脱・脱工業化政策の方針を掲げる米国ですが、利益至上主義の時代の象徴とも言えるiPhoneを英シンクタンク「社会文化的変化研究センター」が批判しています。米国からの雇用を奪って安価な労働力を売りにするアジアに生産拠点を移したものの、それは利益の最大化に過ぎず、株主還元をしただけであり製品価格を引き下げるという社会還元には繋がっていないとい…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

北の核実験がもたらすもの

イラン核問題に関する6カ国協議は14日に再開。その最中に起きたスペイン・ドイツへの原油供給停止デマ。今回の協議は決裂回避の可能性が期待されているようですが、果してどういう結果となるだろうか。 原油供給停止の報道否定 イラン石油相 2012.4.19 20:09 http://sankei.jp.msn.com/world…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愚行を改めるフィリピン

ロクな兵力も保持せずに米軍による抑止力を排除した愚かな国。米軍に対する情報工作が奏功した好例とも言えるのが対フィリピン工作ではないだろうか。ポルトガルに占領されポルトガル風の名前が付いた同国は後に米国に占領された。その後には大東亜戦争で日本に攻略され、幾つかの反対があったものの独立にこぎ着けた。日本の敗戦により再び米軍に再占領されたもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通信に見る米のイランへの圧力

「食べログ」のヤラセの一件ですが、この構図は格付け企業と同じだったりするので、これがヤラセだとするならば格付けはヤラセではないのか、という至極当たり前の疑問は正しかったりします。だって、格付け企業=「ヤラセ業者」なのだから。金払って格付けしてもらっていることを放置している方が問題であり、その結果証券化商品がAAA評価され、世界中に毒を撒…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

憂う米国

近年まれにみる程にTVを見ない正月でしたが、多くの方が気がついたように日中は殆どが再放送、夜もつまらない番組のオンパレードでは、見る気も起きないでしょう。おかげで静かな団欒を迎えた方もおられるかもしれません。自分はお陰でDVDをゆっくり見れましたが。問題は本です。たまったまま放置されており、どうしよう…。 さて本題です。今日は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリシャとバンカメ

まず始めに・・・逃げたお前が言うなー!・・・とはこれ。『スタンダード・チャータード銀行香港部門のベンジャミン・ハン最高経営責任者(CEO)は、韓国は3000億ドルを上回る外貨準備を保有しており、市場のボラティリティを乗り越えられるとの認識を示した。東亜日報が同CEOを引用して伝えた。』 NY外為:ユーロ小動き、スロバキアのEFSF…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訴えられた金融機関

野田政権発足に伴い、新聞などメディアの扱いは”実務派”やら”融和人事”やら”巧みな弁舌”で持ち上げ一色じゃないでしょうか。お決まりの世論ご祝儀上げも豪快で、野田民主政権を支えようという意図が露骨すぎ。おまけに嘗てNHKだったかが行った支持率印象操作を、読売新聞が採用しています。急降下する菅内閣支持率をなだらかに見せ、野田政権により急回復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンカメが食わされた毒まんじゅう

「目的を達成するためには反動を利用すればいい」そんな風に思う今日この頃。何だか昨今の韓流ゴリ押しも、民主党政権誕生も、その裏で日本の再軍備化を望むモノたちの思惑があるのではないかと勘ぐってしまいます。もしそうだとすれば、これほど繊細かつ大胆な戦術は無いのですが。間違えれば国家の危機を引き起こしかねないのだから・・・。 既に米国覇権…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フェイスブックの裏表

昨日は反発したダウ。しかしVIXがこんなに高いので、この乱高下のトレンドは下降とみるべきだと思っています。買い支えの効果なのかな。それを受けてまた下げるのか、踏ん張れるのか。 さて今日はSNS、特にフェイスブックについて。ソーシャル・メディアが非常に活発になっていることは疑いの余地もなく、これが既存メディアへの脅威となっていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスも陥落か

ここ二週連続で面白い企画が続くTVタックルに期待して、そしてキー局の一つをどうしても思い出せなかったので、今日は若干ですが期待してみました。先週の予告でも菅直人献金問題続報とあったので、とりあえずチャンネルだけはあわせておきました。 TVを見てしまうとブログを書く暇と共に本を読む時間も無くなるので、今日は休もうとも思ったんですが少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予定通りの米国債格下げ

まず最初に。明日はフジテレビの日らしいですが、基本的にそんなことは知ったことではありません。けれども彼らがそうだと主張するので、こちらは「フジテレビが存在しない日」としたいと思います。8チャンネルの存在が自分の中で消えるので、結局見ることはない一日となるでしょう。 今日はフジテレビに対して行動を起こした人がいたようですが、思う人が…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

避けられないリセッション

およそ半年間のQE2終了時期とも重なり、ダウは下落トレンドへ。マイナス512ドルはリーマンショック時の777ドル以来の暴落となった。米国経済の関連指標が悪化を示していることや、一連のゴタゴタだけではなく、緊縮財政に米国が舵を切ったことは今後の世界経済の明らかな転換点となる。減速気味の経済状況の中で需要を奪うのだから、誰の目から見ても明ら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

妥協で米デフォルト回避か

短い旅もあっという間で漸く帰宅となりましたが、もう疲労困憊でグッタリだったりします。充実した旅で心身ともにリフレッシュ・・・とはいかないようで、明日からの労働に耐えられるか心配です。いや、無理だな、絶対。 まともなモバイルインターネットの環境もないので、完全に旅行に没頭しており、一時的に浮世離れ状態に。そんな時には皮肉にも情報源が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「FRBのドル」の正念場

欧州やら米国やらと書くテーマがありながら、なかなか取りかかれなかったこのところ。ようやく書けそうです。とは言いながら、どんな内容になるかは現段階ではイメージできていません。なので先ずはネコウヨ藤井先生のビデオを紹介します。閲覧は下記サイトでお願いします。 http://www.gemki-fujii.com/blog/2011/0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米の損失補填と製造回帰

ベトナムを介して米中関係が熱くなってきていますが、中国が主張するような二国間解決などあり得ないので、ステークホルダーは強調した行動を取らなければならない。それは必然的に中国対東南アジア・東アジア・米国という構図となる。こうした連携を取られたくないがために人民元経済圏を構築しようと試みたのだろうが、ベトナムの毅然とした態度がその流れを吹き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

F35は何としてでも日本に買ってもらうんだ!

ここのところ耳と心臓の調子が良いです。何故でしょう?調度先週末にすっきりしてから、今日まで特に大きな異変はありません。周囲の環境に変化はないし、有るとすれば天気が悪くなったとか、地震が起きたとか? まー、いまは何でもないから、棚上げにしておこう…。 平日のど真ん中に飲みに拉致られるのは非常に辛く、連日連夜飲みまくる営業部隊の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more