TVタックルでの三宅発言…50兆円くらい政府が発行しろ!

「今こそ政府貨幣を発行せよ。50兆円くらい。(by三宅さん)」

最初に:聞き取り間違いがあるかもしれませんので、細かい点の間違いはあると思います。


TVタックルを見ながらご飯を食べていたのですが、そこで三宅さんの発言を聞いてドキッとしました。政府紙幣…

そう、みんななんとなく気がついていたかもしれないですが、何で政府紙幣を発行せずに、国債発行という借金をして資金を調達するのか。そして利息を払うのか。利息があるために、その利息を返済しなければならず、その分の収入は税収や資産運用でまかなわなければならない。ということは、資産運用でまかなえなければ税率アップなど国民負担になってゆく。大体利息分のお金は何処から来るのか?元々市場にそんな余剰なお金はない状態を初期状態とすると、余剰分は誰かが借金しないと生まれない…。負債の発生は利息によってその永続的な成長を義務付けられ、いつかは破綻せざるを得ないバブルとなる…。


三宅さんが言ったのは、多分”貨幣”であって、財務省発行の硬貨のことを言っているんだろうと思います。硬貨発行権は財務省で、紙幣は日銀が発行権を持っているから(=日銀券)。それを紙幣=日銀券と交換させて、資金調達すればいいじゃないかと言うことだと思います(※残念ながらちょっと別のことをやっていて正確には聞き取れていません…)。なので、上に述べた内容とは基本的に関係ないのですが、”政府が発行するお金”という点で注目した訳です。


※政府発行紙幣と民間発行紙幣については、米国の状況を伺うとちょっと恐ろしくなりそうですが、これは今回は割愛します。

さて、この三宅発言はどこかの大学教授が言ったことに賛成、という形だったのですが、そもそも円はこれから高くなっていく訳です(ドルの崩壊、ユーロの破綻…言い過ぎではないと思っていますけど)。であるならば、意図的に円の力を調節するいい機会じゃないでしょうか?円安誘導したいなら、円の価値そのものを弱めればいいのではないでしょうか(米国みたいに)。硬貨(又はそれ相当の政府券)を政府が発行し、日銀券と交換して財源として財政出動する。市場に円が増えて円安になる。加えて、財政出動した一部を国の借金返済に充てる。もしドルが今後60~40円程度まで下落するなら(その可能性は十分に高いと言われている)、その範囲内であれば円の力を意図的に通貨発行によって弱めてもいいのではないだろうか。そうしたら、、、一石二鳥??大体国の借金(それも殆ど日本国内でまかなわれている)が減るなら、それだけで逆に円高圧力になるから、うまい具合に制御しながら、雇用創出して借金減らしつつ、世界で最初に不況から脱却できるのでは…??

なんて妄想を働かせてしまいました。後で景気回復したら、税金や何やらで、資金吸収すればいいんじゃない?と。私は所詮素人ですから、専門家からしたら『何言ってんだオメ』と言われるかもしれませんが。まあ、考えるのは自由ですから。


ついさっきブログを公開したばかりですが、ちょっとTVタックルを見て妄想が膨らんでしまったので、本日2本目です。

---
ブログ主は国籍法改悪・外国人参政権・1000万人移民・共謀罪に反対しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック