コーヒーとモカエクレア

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国経済崩壊の序曲

<<   作成日時 : 2013/04/11 22:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

アノニマスが公表した北朝鮮工作員リストにNHK関係者がいた件。折角の安倍バッシングの狼煙にケチがついてしまいましたねぇ。これが騒ぎにならないことが、日本の抱える問題の根の深さを物語っています。

http://pastebin.com/C91UxMSW

そのうちの一つがNHK職員の中にいる誰かなんじゃないかと囁かれていますが…。果たして本当かどうか。

M,Tsukamoto,tsukamoto.s-he@nhk.or.jp

この辺りに書かれていることが事実ではないならば、在らぬ疑いを晴らすためにメディアは誠意ある対応をしなければならないと思うんですがね。報道関係者なのだから名誉棄損云々言っている場合ではないし、逆に身の潔白を証明しなければならない筈。

アノニマスが暴いた、北朝鮮に通じている日本人リスト。
http://megamiyama.iza.ne.jp/blog/entry/3045163/


北朝鮮のミサイル発射想定期間に入っていますが、戦争目的ではなく体制維持が目的だから当面は未だ瀬戸際外交の材料として使われるのでしょう。米韓合同軍事演習も実施中だし金日成生誕記念日も控えているから、この日を汚すようなことはしないと思われますが。それよりも南北緊張増大で韓国経済が大打撃を被っている以上、南北の我慢比べはまだ続きそうです。そして漏れ聞こえる北朝鮮側の緊張緩和の情報と、核戦争に懸念を表明したプーチン大統領、そして米国も北を煽る行為を若干控え始めたことは、大規模な衝突を誘発しないような意思を持っている、という事でしょうか。そうなると事故も起きにくいのかもしれませんが…。


北戦闘態勢緩和...軍人坑道から撤去
2013年4月 3日 19:18 住民の非常招集なくなり営農準備に奔走...軍人も冬季訓練総括段階
http://www.asiapress.org/apn/archives/2013/04/03191847.php

米政権、戦力誇示政策を軌道修正か 北朝鮮の過剰反応を懸念 米紙報道
2013.4.5 14:32
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130405/kor13040514340004-n1.htm

朝鮮半島衝突ならチェルノブイリ超える大惨事の恐れも=露大統領
2013年 04月 8日 21:56 JST
http://jp.reuters.com/article/JPNKorea/idJPTJE93700F20130408

EUが北朝鮮に書簡送付へ、全面戦争の脅威ないと説得
2013年 04月 10日 06:27 JST
http://jp.reuters.com/article/JPNKorea/idJPTYE93805T20130409


朝鮮半島の緊張は、北朝鮮問題だけに留まらず今後の東アジア情勢を踏まえた戦略の一環であることは状況から自明ではないかと思えますが、緊縮財政路線で軍事支出を抑えなければならない米国に世界の警察の地位を維持することを不可能とし、中東から引くことはその地の混乱の容認と共に、東アジアで勃興する摩擦拡大への対処を要求している。そのための格好の口実という側面も、結果論かもしれないが北朝鮮問題は持っていると言えるでしょう。既成事実として展開した米軍に神経をとがらすのは、体制維持に怯える北朝鮮に留まらず中国も同じようです。

緊張増大で資本フライトする韓国は、今後この状態が長引けば長引くほどに危機が増大し、場合によっては戦争勃発以上に苦難の道を歩む可能性もあるかもしれません。人命という点では勿論戦争を回避した方がよいと言えるかもしれませんが、国家の経済が崩壊した後に訪れるものが、それを下回ることはあるんでしょうか。例えば無政府状態・内乱状態など。。。

97年のアジア通貨危機におけるIMF入りの際には、タイバーツの暴落に始まりインドネシア、そして韓国へと飛び火しました。そして最大の救済規模を必要としたこの韓国の場合、勿論IMFの支援を受けているものの、実際の効果は日本が日本を含む欧米民間金融機関にコミットさせた期日延長にあり、ウォンが安定して最悪の事態を回避できています。決してIMFのお蔭ではなく日本のこうした働きかけがあったから。当時のIMFは今とは違い南米で実行した緊縮路線を各国の差異を無視して押し付けるスタンスを取っていたので、その実行の影響は芳しくなく二国間支援や第二線の構築などといったセーフティネットの存在の方が、その信用を取り戻す効果を発揮していると指摘されています。

既に韓国は日本というセーフティネットを失っているので、次に訪れる危機を乗り切るすべは、欧州が先んじたIMF資金利用による資金不足も手伝って、相当難儀なことになると思われます。当時は民間債務が問題でしたが、現在は政府債務も加わってファンドの攻撃によりあっという間に巨額に積み上げたように見せかけられている張りぼての外貨準備を食い尽くしてデフォルトに直面するかもしれません。

勿論デフォルトした国家が再建出来ない筈も無く、アルゼンチンやロシアなど復活していますが、縮小経済に入っている今の世界経済にあって、韓国を引っ張り上げられるほどの力を国際社会は持ち合わせていないでしょう。第一、半島リスクによって投資が嫌気されているのだから、自力に頼らざるを得ない。

それとも中国の属国として再出発をするか。


日本としては戦後レジームを脱却するためには、その最大の問題である朝鮮戦争の難民及び、南北対立維持のための投資サイクルの遮断のために、戦争状態終結か、或いは両国と交戦状態になることが必要となりますが、少なくとも北朝鮮と戦争状態に陥れば、北朝鮮系の難民だけは処理することが出来るのでしょう。だとしても大きな前進だと思います。

しかしながら、朝鮮半島の非核化も重要なミッション。一説には核能力を無効化できる技術があるとかないとか言われてはいますが、とはいえ放置するわけにもいかないでしょう。そのためには…軍事的制圧か金王朝体制瓦解しか道はないと思えますが、他に手はあるのでしょうか。



よろしくおねがいします。人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国経済崩壊の序曲 コーヒーとモカエクレア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる