コーヒーとモカエクレア

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀行は金庫とは違う

<<   作成日時 : 2013/03/23 23:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

何時まで北朝鮮が強硬姿勢を維持できるか分かりませんが、キーリゾルブ終了と時を同じくするキプロス問題に与えられた、ECBによる期限。先の預金課税法案は否決されたものの、58億ユーロの調達をしない限り救済が見込めない。低所得者層と一概に言ってよいかはさておき、少額預金者への保護のない救済法案が通る筈もないのに実行したのは、やはりロシア(といっても前面に立っているように見えるメドベージェフ)に配慮したからでしょうか。

しかして議会を通過出来る筈も無く、その結果を以て預金10万ユーロ超に15%以上の課税をすることになるのか否か。ロシアには50億ユーロの新規融資を求めたものの断られたことは、預金課税の方針を決める要因になるような気がしますが、果たして。

キプロスがジャンク級であるために流動性危機に陥るというのは、救済するうえでの構造上の欠陥であると考えられる。キプロスに限らず、救済を求める場合には信用が劣化しているわけだから、最後の貸し手が必要になるものの、その貸し手の利害関係者が多ければ多いほど、その存在と効力が失われてゆく。

その後議会を通過した救済に関連する”危機対応法案”では、先に否決された銀行預金に対する課税の一部穴埋めを求めるものとなっているようです。国内第2位のキプロス・ポピュラー銀行の整理での救済資金圧縮や、年金基金や教会が持つ資産などを活用した新基金設立による資金調達「連帯投資基金」といった調達面と支出面で圧縮されているようです。前者ではバッドバンクの設立による不良債権の切り離しと、優良債権のキプロス銀行への統合。後者は僅か100万人程度の国で寄付すら募るという追いつめられたもの。しかしこうした努力がどの程度効果をあげるのか。銀行課税の穴埋めに至らなければ、結局のところの問題解決には至ることはない。

このため先に否決された預金課税も修正される形で再度議会にかけられるようです(23日)。しかし通過するか否かは不透明。危機対応法案で幾分か課税規模が減軽されたとは言えども、仮にかけられるとする法案では、10万ユーロ以上限定で課税率も20%以上(25%が濃厚)とされている。こうなるとキプロスからの資本流出は、仮に救済合意を得たとしても、キプロスへの信頼性の暴落によってフライトが止まらないように思えます。休業中の銀行営業は、25日の期限までの合意を想定して26日に再開する計画ですが、万が一(確率が逆な気もしますが)合意に失敗した場合、既に一週間も休業している期間を延長するのも厳しいため、深刻な事態が発生してしまう可能性も十分考えられます。これに備えた法案も通しているものの、だからと言って一斉に起きうる取り付け騒ぎに耐えられるとも思えないが。

政府の失政は民主主義においては代表者を送り込んでいる納税者にもあるこという正論がある上に、銀行預金については以下のような指摘をマーティンウルフ氏はしています。

-----------------------------------------
「預金に課税するなど泥棒と同じだという声が多いが、その見方はナンセンスだ。銀行は金庫とは違う。銀行とは、要求があれば預金者のお金をいつでも額面通りに返すと約束している、自己資本の薄い資産運用会社だ。そして、支払い能力のある国家の支援がない場合、この約束は常に守られるとは限らない。

 銀行にお金を貸す(預ける)なら、この点は必ず理解しておかねばならない。銀行業はリスクを取る金融業の一種であり、少なくとも一部の貸し手(預金者)は損失を被る。そのような損失なしに銀行業が営まれることは考えられない。

 そうでなければ、銀行の債務は政府の債務になる。納税者のお金でこのようなギャンブルをすることなど、民間企業には許されない。誰でも分かることだ。

 従って、預金者が損失を被ることがあるという原則に問題があるのではない。どの預金者がどの程度の損失を被るべきなのかが問題なのだ。」

Financial Times
小国キプロスで生じた大問題
2013.03.22(金)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37414
-----------------------------------------


22日の緊急対応法案、23日の預金課税、24日の欧州財務相会合、25日のECB緊急の流動性供与打ち切り期限。



キプロス、預金課税導入へ再調整 高額預金限定で
2013.3.23 21:32
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130323/fnc13032321340006-n1.htm

キプロス、危機対応法案可決 大手銀整理や新基金
ユーロ圏、24日にも対応協議 2013/3/23 11:30
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2302C_T20C13A3MM0000/

キプロス議会、資本規制法案を可決−欧州財務相は24日会合か
3月23日(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MK37UF6KLVR801.html

キプロスが銀行再編法案を可決、「バッドバンク」設立可能に
2013年 03月 23日 08:32 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE92L05D20130322



よろしくおねがいします。人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
銀行は金庫とは違う コーヒーとモカエクレア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる